MENU

引越しの値引きにネットの相場は参考にならない

誰でも引越し費用を大きな値引きで安くできたらと思うでしょう。その為に相場を調べたいと思うかもしれませんが、正直言ってネットで分かる値引きの相場って参考になりません

 

例え条件を絞って記載されているような料金相場でも金額の幅はとても大きくて5万円から10万円なんて当たり前です。5万円も料金差があると、自分が出されている見積もりからさらなる値引きを引き出せるかなんて判断できないですよね。

 

これは各引越し業者の見積もりにもそのまま当てはまり、ある業者は5万円で出した見積もりが他社では10万円なんてことも普通にあり得ます。

 

結局、引越しを大きな値引きで相場より安い費用で業者へ依頼するためには、できるだけ多くの引越し業者から見積もりをもらう。これ以上の方法はありません。

 

なぜ引越し業者ごとに大きな料金差があるのか?

全く同じ条件の引越しなのに、なぜそんなに料金が違うの?不思議に思う人もいるかもしれませんが、これには様々な要因が絡んできます。引越し業者によって料金差が生じる事情を知っていれば、値引き交渉の材料として使えるかもしれませんよ。

 

引越し業者の事情

ある大手引越し業者が、どうしても売り上げを上げたくて採算度外視の値引きを出すなんてのは業界では良くある話しです。サカイ引越センターが売り上げNo1を目指している時も似たような話しを聞いたことがあります。

 

赤字覚悟の料金なので他社が太刀打ちできるはずもありません。そういった業者から見積もりを取れればお客様としてはラッキーかもしれませんね。

 

またライバル業者同士を見積もりさせると値引き額が大きくなることもありました。あの会社だけには負けたくないと上層部が判断した時は、通常では考えられないような引越し料金の値引きが引き出せます。

 

営業マンの事情

私が勤めていた引越し業者では営業は受注率によって給与が決まっていました。どれだけ利益に貢献したかではなく、あくまで受注率です。

 

ひどい時には、4t分の荷物を3t車で見積もりしてきて、作業当日に荷物が全然載らないなんてこともありました。契約上、追加料金は取れなかったのでお客様に負担はなかったのですが作業時間は大きく遅れます。

 

一方作業員は時間ではなく現場数の歩合制で給与が決まっていました。会社でもお客様でもなく、損をしているのは作業員なんですね。そんな会社が一社でもあれば業者間の料金差が出ます。

 

値引き以前の問題ですね。4tトラックと3tトラックでは引越し料金の相場は全く違いますから。

 

営業マンの能力

荷造り前のお部屋を見て、誰もが正確な荷物量を見積もりできると思ったら大間違いです。ある人が4tと見積もりした荷物をある人は3tと見積もるなんてことは日常茶飯事です。

 

私の経験でも、あの営業マンが見積もりした現場はいつも荷物が載らないなんてことがあり、作業員からは嫌がられていました。

 

そういった営業マンがいる引越し業者は相場からかけ離れた見積もりが出る可能性があります。

 

全て運ぶという契約であれば少なく見積もられてもお客様にリスクはありませんが、用意したトラックで運べるだけの積み切りプランで契約した場合はトラブルになる可能性もあるので注意してくださいね。

引越し業者にさらなる値引きを迫る交渉術

引越し業者が暇な日を選ぶ

最初に出された見積もりが予算を遥かに越えるものであるなら、引越しの予定日を業者が暇な日に変えてみましょう。引越しは時期や日によって需要が大きく変わるので業者としては暇な日は安い料金でもトラックを動かしたいという思惑が働きます。

 

暇な日を選べば値引き額が2割引き、3割引きは当然で、時には半額なんていう大幅な値引きを引き出せることもあり得ます

 

複数の引越し業者から見積もりを取るとともに最も効率が高い値引き方法の一つです。

 

午後便やフリー便を選ぶ

同じ日程であってもより安いのが午後便やフリー便です。もし最初の見積もりのトラック到着が午前で契約しているなら、値引きをまだまだ引き出せる可能性があります。

 

ただし、引越しにおける午後便やフリー便は到着時間が大幅に遅れる危険性も伴っていることを知っておきましょう。

 

契約が13:00〜14:00の現場であっても実際に到着したのが16:00なんてことも私には経験あります。当然作業終了時刻もずれ込み、辺りは真っ暗な20:00なんてよくありました。

 

確率的には10件に1件あるかないかでしたが、ご近所迷惑を気にされるなら午前便で契約される方が無難です。また到着時間の遅れが出る可能性が高いのはやはり忙しい日です。暇な日の午後便を選べば、そういったリスクも減らせることができます。

 

依頼する荷物量を減らす

引越し業者に依頼する荷物量を減らせば値引き云々の話しではなく、引越し料金は安くなります。あくまでも相場ですが、ダンボールなどの小物類を全て自分で運び大型家具や家電を中心に依頼するなら30%程度の値引きが引き出せます。

 

引越し先がすぐ近くであったり、、ワゴンや軽トラなどの荷物を運ぶのに適した乗用車を持っているなら試してみる価値はある値引き方法です。

 

また、厳密には大きな家具・家電のみを運ぶリスト分の契約と1ランクサイズを下げたトラックで運べるだけという積み切り便があります。コスパがいいのは積み切り便ですが、営業時の口約束で思ったほど運べなかったというトラブルがあるのも事実です。

 

もし、ここまで運べると営業マンが約束したなら契約書に記載してもらいましょう。

 

↓最後はやっぱり業者比較で最安値の引越し料金を引き出そう↓

契約後にさらなる値引きを引き出すのは可能か

複数の引越し業者から見積もりを取り、一番安い業者と契約後に他社へ断りを入れたら「もっと値引きします」と言われた。実は引越しの値引き交渉時によくある出来事です。

 

こんな時に、もう契約したからと素直に断る人も多いのですが、引越し業者のキャンセルはよほど直前ではない限りキャンセル料を取られることはありません。詳細は契約書の裏にある標準貨物自動車運送約款に記載されていますが、ほとんどの会社は2、3日でない限りキャンセル料は取っていません。ただし、会社によっては独自のルールを設定している場合で事前の確認が必要です。

 

つまり、まだまだ引越し日までに期間があるタイミングであれば、契約した業者をキャンセルして、さらに安い会社と契約することも可能なわけです。もちろん、その事を契約した引越し業者に伝えればさらなる値引きを上乗せしてまで引き止める可能性は高いと思います。

 

こういった交渉は良くあることではありますが、値切りすぎはほどほどにしておかないとサービス内容に支障をきたす可能性も否定できません。契約料金が作業スタッフの給与に直接反映することはないのですが、相場よりあまりに安い料金だと作業に影響することもないとは言えませんし、あえて技術が低いスタッフを配置されることも考えられます。

訪問見積もりをうまくこなすコツ

引越し業者の営業マンが自宅へ訪問して見積もりしてもらう時に、うまくしないと時に料金に影響を与えることがあります。値引き成功率を少しでも上げるためにも訪問見積もりを上手にこなしてください。

 

女性一人は避け、男性も交えて交渉にあたる

引越しの訪問見積もりでよく聞くトラブルが、「契約するまで帰ろうとしない」「即決を迫る」というものです。他社からも見積もりを取ると言っているのに、「今決めてもらえたら後1万円値引きします」や「その日は忙しくて、今決めないとトラックが満車になってしまう」と言って巧みに契約を迫ります。

 

はっきり言って他社から見積もりを取れば、それ以上の値引きを引き出せる可能性は高いですし、その引越し業者が契約を欲しいのなら、さらに値引きをしてくるのは目に見えています。

 

女性一人で対応していると、中には怖くて契約してしまったという例もあるほどです。料金以前の問題ですが、引越し業者に勤めていると良く聞く話しなので、あなたがこのような目に会わないとも限りません。

 

結婚しているならご主人さんを、女性の一人暮らしなら友人やお父さんを交えて訪問見積もりにあたって欲しいです。

 

できれば見積り前に荷物を整理しておく

引越しの訪問見積もりで営業マンが判断に迷うのが荷物の量です。4tトラックか3tトラックの違いで値段は大きく変わるので、より正確に荷物量を判断するためには、持っていかない荷物は事前に処分しておいてもらえるとありがたいというのが引越し業者側の本音です。

 

訪問時に「このタンスは捨てるけど、中身は持っていく」「この本棚の半分くらいは処分する」などと言われることもありますが、当日までに処分してもらえるかという不安もありますし、そこまで細かく荷物量を把握できる営業マンなんていないでしょう。そのような場合には、余裕を持った大きめのトラックで見積もりをすることになるので、結局相場より高い見積もりをすることになります。

 

見積もり前の処分が難しければ、不用品は一部屋に集めるなどをするだけでも判断のしやすさという点では変わりますので、できるだけ整理しておくようにしてください。

 

引越し先の情報をできるだけ用意しておく

通常、訪問見積もりでは引越し先の下見まではしません。そんな時に困るのが、新居の目の前に大きなトラックを停車できるのか、道幅、道路状況です。同じ荷物量でも大きなトラック1台と小さなトラック2台では後者の方が相場料金も高くなります。道幅を判断できる情報があれば、相場より高い見積もりを提示されることもありません。

 

普通は、お客様に尋ねるだけで終わらせるのですが、最近はスマホをお持ちの方も多いですし、写真に撮影しておいてもらった方がよいかもしれません。後から追加料金を取られる可能性も防げます。